脳梗塞の原因を調べよう|運動不足に注意しよう

男性

良性の腫瘍です

難聴から始まります

婦人

聴神経腫瘍は脳腫瘍の一つです。小脳と脳幹の間のほんの少しの隙間に腫瘍ができますが、良性腫瘍で進行も緩やかです。そのため必ずしも手術をして取り除く必要があるとは限りません。聴神経腫瘍の症状は、難聴やめまいやふらつき、顔面のしびれなどがあります。難聴以外のふらつきなどは、この聴神経腫瘍が聴こえの神経ではなく、前庭神経と呼ばれるバランスの神経から発生する腫瘍だからです。難聴になる場合、ほとんどは片方の耳だけに起こります。電話が片方の耳からだと良く聴こえないなどの変化で気が付くことが多いようです。突発性難聴と同じような症状ですので見分けがつきにくいようです。MRI画像検査をすることで、聴神経腫瘍かどうかの診断がつきます。

小さければ経過観察

聴神経腫瘍の治療法ですが、進行が遅いこともあり腫瘍が小さい場合は手術を行わないケースも多いようです。特に高齢の患者さんの場合は手術をせず経過観察をする場合が多いようです。腫瘍が比較的大きい場合は、手術で取り除くか、放射線治療を行います。放射線治療は腫瘍を消失させることはできませんが、進行を抑えることができます。開頭手術の場合も放射線治療の場合も、リスクがゼロではありません。聴力の低下や顔面麻痺が残る可能性があります。開頭手術をする場合、主に脳外科で行います。リスクが少なからず伴いますので、主治医とよく話し合って決めるようにしましょう。治療実績の多い病院は、インターネットなどで検索すると見つかります。