脳梗塞の原因を調べよう|運動不足に注意しよう

医者

すい臓の癌の症状と治療法

二人の医者

すい臓がんは初期症状が殆どなく、早期発見が困難な癌とされています。症状が進むと体重減少や食欲の低下、腹痛などが現れ、さらに進行していくとみぞおち・左上腹部に激痛が発生するのが特徴です。すい臓がんと診断された場合、症状によって治療法は異なりますが、外科手術、化学療法、放射線治療が基本となります。

Read More..>>

発症理由と予防策

動脈硬化により発症

看護師

脳梗塞は脳への血流が滞ることで発症するのですが、血流が滞る原因に深く関与しているのが動脈硬化です。脳梗塞発症の直接的な原因は、血栓が脳の血管に詰まってしまうことなのですが、動脈硬化は血管の内径を細くしますので、血栓が詰まりやすい状況になっています。また、血栓を発生させる原因の1つが動脈硬化ですので、動脈硬化が脳梗塞発症に大きく影響しているというわけです。動脈硬化は血管の経年劣化ですので、加齢とともに進行します。但し、悪玉コレステロールや中性脂肪が多いと進行が速まりますし、運動不足やストレスも進行を速める原因となります。周知のとおり、日本は超高齢化社会です。また、悪玉コレステロールと中性脂肪が増える欧米的な食事が一般化されていますし、現代人は慢性的に運動不足であり、ストレスを受けやすい環境です。従って、現代人の脳梗塞発症リスクは高いと言えますし、この先も高いままであることが予想されます。

検査を受けて確認

前述したことを踏まえると、動脈硬化を予防、もしくは改善することが脳梗塞を発症させない有効な対策なのですが、これは非常に難しいこととなります。というのは、動脈硬化には自覚症状がないからです。つまり、動脈硬化に気をつけていたとしても、実際に、その効果を認識することは不可能であり、それ故に、ある日突然、脳梗塞を発症してしまうということが大いに考えられるのです。しかし、この問題は検査を受けることで解決できます。医療機関では動脈硬化の検査を実施していますし、CTやMRI等を用いた脳の画像検査を実施していますので、それら検査を受ければ、自身の血管の状態を確認することができます。とりわけ、脳梗塞予防には脳の画像検査が有効だと言えます。

良性の腫瘍です

婦人

聴神経腫瘍は、脳腫瘍の一つです。難聴やめまいやふらつき、顔面のしびれなどの症状があります。良性腫瘍で進行も遅いので必ずしも手術をするとは限りません。腫瘍が小さい場合や高齢の患者さんの場合は経過観察をします。腫瘍が大きければ、手術か放射線治療を行います。

Read More..>>

人工肛門を避けるために

医者と患者

直腸がんは便に血が混じることから痔と間違えやすい病気です。早期段階では内視鏡治療が、進行段階では腹腔鏡手術や開腹手術が多く実施されます。人工肛門を回避するには、排便機能や排尿機能を温存するため手術に高度な技術が要求されます。設備が整っていて外科医の技量も高い病院ほど、そうした最新治療が受けられます。

Read More..>>